生姜の効能

冬は生姜パワーが最も発揮される季節です。日本最古の医学書にも生姜は風邪を治すと記載されています。漢方の世界でも「生姜無くして漢方は成り立たない」と言われ、漢方薬の70%に含まれているそうです。風邪は体力や免疫力が低下している時にかかりやすいと言えます。そのため、風邪気味の時には、身体を温め循環機能を高めることで風邪が悪化するのを防ぐことができます。また、発熱がある場合には、生の生姜をすりおろし、蜂蜜やレモンと一緒にお湯でわって飲むと発汗作用によって汗をかき、熱を下げる効果があると言われています。
       
 さらに、身体の不調は、体内に不要なものや、身体に負担となるものがあるために起こると考えられます。そのため、生姜の胃や腸に対する刺激で消化機能を促進させたり、発汗作用や循環機能の活性化などからその不要なものを取り除く解毒の効果があるとして、生姜の絞り汁やすりおろしたものが使われることもあります。

私にとって生姜は、梅干しと合わせ、自分の健康管理には欠かせないものの一つであり、とても身近な健康総合薬として重宝しています。多少寒い朝でも半袖一枚で早朝ジョギングなどを行っていますが、風一つひかないのも梅干しと生姜の効果によって免疫力が高いのかもしれません。昔の人は厳しい寒さにも耐えて農作業をやっていました。それに比べ現代人が風邪をひきやすい体質であったり、冷え症が多い理由の一つに「生活習慣の変化」中でも食の欧米化があります。忘れがちになっている「自然の健康成分」を食生活に取り入れる工夫が必要でしょう。特に、この冬は、インフルエンザが大流行すると報じられていることもあり、予防のためにも日常の献立に生姜を加えることも必要かと考えています。  

「生姜の効能」
 体を温め、不要なものを取り除き、体内の様々な機能がバランスよく働くようにする他、次のような効能があります。
免疫力を高める、発汗・去痰、咳を抑える、解熱、鎮痛、血液さらさら、強心、消化・吸収能力、抗潰瘍、吐き気を取る、抗菌、めまい、コルステロール低下、生殖機能の改善、酸化防止、抗うつ、解毒。